MENU

【BRISIE LEDランタンレビュー】コスパ良の格安LEDランタン

BRISIE LEDランタン

今回はBRISIEのLEDランタンをレビューしていきます。

アマゾンの高評価に惹かれて購入してみましたが、結論から言うと、コストパフォーマンスがとても高い高性能なLEDランタンでした。

5段階の光モード、モバイルバッテリー機能付きで、マグネットを内蔵しているので金属に引っ付けることもできるという多機能なLEDランタンです。

BRISIE LEDランタン
目次(もくじ)

個人的な評価

明るさ⭐️⭐️⭐️☆☆
操作性⭐️⭐️⭐️⭐️☆
お得度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

アマゾンで約2,000円というLEDランタンとしては低価格の商品であるにもかかわらず、調光やモバイルバッテリー機能、充電残量表示まで付いているという、コストパフォーマンスが高い多機能LEDランタンです。

明るさは196ルーメンが最大なので、アウトドア用としてはサブランタンとして役立ちますね。


スペック

全光束
24~196 ルーメン
(昼白色)
充電方法充電池式
(残量表示あり)
連続点灯時間
モバイルバッテリー機能あり(本体記載:5200mAh)
サイズ/重さ径8cm x 高さ6cm
防水/防塵IP65

内容物

  • 本体
  • マイクロUSBケーブル
  • 説明書
BRISIE LEDランタン

外見

BRISIE LEDランタン

全体的にプラスチックで覆われているのですが、触ってみたところ頑丈そうな印象を受けました。

ざらざらとしたマットな質感で、滑りにくい手触りです。

BRISIE LEDランタン

「INPUT」と書かれたゴムの防水カバーをとると、本体充電用のマイクロUSB端子が出てきます。

BRISIE LEDランタン

「OUTPUT」側も同様に、ゴムの防水カバーで端子が保護されています。

こちらはUSB端子になっていて、このLEDランタンから他の充電機器を充電することができます。

これらの防水カバーは、本体の曲面にしっかり合わせて作られていて、閉じると隙間が出ないのがポイント高いです。


特徴

充電残量表示がある

充電残量の表示が上面にあり、一眼で充電残量が分かる仕様になっています。

BRISIE LEDランタン

マイクロUSBで充電

マイクロUSBで充電するタイプのLEDランタンは多く、この商品も同様にマイクロUSBで充電します。

BRISIE LEDランタン
BRISIE LEDランタン

マグネット内蔵で金属にひっつく

実はこのLEDランタン、上面にマグネットを内蔵しているので金属にひっつけることができます。しかも意外と粘着性が高い。

画像のとおり、半分しか金属に触れていないのにしっかり張り付いています。

BRISIE LEDランタン

置く、吊るすだけでなく、張り付けるという手段も取れるのは魅力的です。

防災として、もしもの時のために冷蔵庫に貼り付けて置くのもいいかもしれません。

少しいまいちな点

容量の説明に食い違い?

容量について、製品本体には5200mAhとの記載があるのですが、アマゾンの商品ページを見ると2800mAhとなっていました。

本体にPSEマークが付いているので、おそらく本体記載の5200mAhが正しいと思います。

※アマゾン内の他の販売業者の類似製品(おそらく工場が同じ)も、説明は5200mAhとなっています。

予想ですが、製品の改善をアマゾンの販売ページに反映できていないことが原因だと考えられます。

製品はとても良いので、こういう点はもったいないですね。


フックが少し不安

フックの角度調節の部分は、緩すぎず硬すぎないちょうどいい曲がり加減です。

起こした角度でしっかりと止まってくれるので気持ちがいいです。

BRISIE LEDランタン

少し不安な点として、フックの金属の部分が壊れてプラスチックから外れてしまいそうなことが気になります。

このタイプのフックは金属が反発力を持っているので、一度金属が取れると再度うまく取り付けるのは難しいです。

もしフックの金属が外れてしまったら、フックを閉じられないので吊るすのは難しいかもしれません。

BRISIE LEDランタン


SOS機能に注意

3段階の明るさ調節のほか、点滅モードと、SOS点滅モードの調節があるのですが、正直この2つのモードは必要ないと感じます。

特にSOS点滅モードは、モールス信号の「遭難信号(・・・ --- ・・・)」を点滅で表現するのですが、通常の明るさ調節をしている際に誤って選んでしまう恐れがあります。

アウトドアで間違ってSOS点滅モードにすると遭難者と間違われる可能性があるので注意が必要です。

生産地は中国なので、もしかすると中国ではSOS機能付きのLEDライトの方がウケるのかもしれません。


まとめ

容量についてアマゾン販売ページの説明と、実物の性能について内容に少し食い違いがあると感じましたが、実際に試してみるとコスパの良い多機能なLEDランタンでした。

作りはしっかりとしていて点灯や充電も問題なくできているので、今後の耐久性が楽しみです。

目次(もくじ)
閉じる