MENU

【レイルロードランタンLEDレビュー】泡ガラスが素敵なおしゃれ照明(ベアボーンズ)

barebones-railroad-lantern

今回は、BAREBONES(ベアボーンズ)の『レイルロードランタンLED』をレビューしていきます。

泡ガラスのグローブが特徴的なレトロな印象を受けるLEDランタンです。

照明機能に特化したシンプルなランタンで、スチームパンクもすこし感じられるデザイン性が魅力的です。


明るさ⭐️⭐️⭐️☆☆
操作性⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
容量⭐️⭐️⭐️☆☆

コメント

なんといってもレトロな風合いがたまらないLEDランタンです。機能はシンプルですがデザインが気に入った方にはおすすめです。しかし、非防水で1kg近い重さがありますから、アウトドアに持っていくことを考えている方はご注意ください。

魅力

  • 泡ガラスのグローブ
  • 充電残量が分かりやすい
  • 「USB Type-C」充電対応

イマイチ

  • 重い(960g)
  • 非防水
  • モバイルバッテリー機能なし
目次(もくじ)

スペック

明るさ
35〜200ルーメン
(電球色)
容量4400mAh
充電方法USB充電
(残量表示あり)
連続点灯時間Hiパワー:3.5時間
Lowパワー:100時間
モバイルバッテリー機能なし
サイズ/重さ直径14.5~17×高さ25cm/960g
防水/防塵

内容物

  • 本体
  • USB充電ケーブル(Type-C)
  • リチウムイオン充電池
  • 説明書
barebones-railroad-lantern

外観と使い方

barebones-railroad-lantern

レトロな印象を受けるベアボーンズのLEDランタンです。

このランタンは、戦前の北米鉄道会社で使われてきたレイルロードランタンを模しているそうです。

スイッチがボタン式ではなく巻き鍵式になっている点にも強いこだわりを感じます。

barebones-railroad-lantern

この巻き鍵を回すことでスイッチのON/OFFと調光をすることができます。

スイッチが入るときに「カチッ」という音が鳴るのですが、個人的にこの音がお気に入りです。


スイッチを少しひねるとこんな感じです。

barebones-railroad-lantern

光量が低い設定だと電球色に近い色合いですね。

光量を最大に近づけていくにつれて白色に近づいていきます。

barebones-railroad-lantern

このLEDランタンの最大光量は200ルーメンです。「アウトドアのメイン照明なら300ルーメンは欲しい」と言われていることを考えると光量は控えめです。

しかし、正直このランタンは200ルーメンとは思えないほど体感ではより明るく感じます。

グローブがクリアでLEDの光が広がりやすいことがその理由かもしれません

明るさ重視でLEDランタンを求めるなら、5千円以下で1000ルーメン以上の光量が出せるLEDライトはたくさんありますから、そちらを選ぶ方がお得です。


ちなみに吊るしてみるとこんな感じです。

barebones-railroad-lantern

縦長の取手が印象的で、全体としてとてもバランスが取れた綺麗なフォルムだと思います。おしゃれ。

(カラビナは付属していないので自前で用意が必要です。)


充電について、このランタンは充電ポートが「USB Type-C」に対応しています。

barebones-railroad-lantern

付属のケーブルはこんな感じ。

barebones-railroad-lantern

多くのLEDランタンの充電ポートは「microUSB」対応なのですが、「USB Type-C」の方が僕は好きです。

理由として、「USB Type-C」はmicroUSBと比べて耐久性と給電能力が高いという特徴があるからです。

barebones-railroad-lantern


ちなみに、付属品のリチウムイオン充電池は本体底面のふたを開けると簡単に挿し込めました。

barebones-railroad-lantern

この充電池を入れておかないとバッテリー充電できませんから、忘れず入れておきましょう。

LEDランタンは、最初から本体に充電池を入れた状態で配送される商品が多いですから、外された状態で送られてくるのは珍しいです。


魅力

泡ガラスのグローブがおしゃれ

barebones-railroad-lantern

LEDランタンとしては珍しく、グローブにガラスが使われています。

しかも、ただのガラスではなく泡ガラスが使用されている点はこのランタンの大きな魅力の一つです。

ガラスの透明度もとても高く、泡ガラスを使用していることでヴィンテージ感を強く感じます。

ガラスに含まれている泡の数や位置は個体差があるので、一点モノとも言えます。


充電残量が分かりやすい

巻き鍵式のスイッチを回すと、反対側についている充電残量の表示ランプが光ってくれます。

barebones-railroad-lantern

4つあるランプのうち、光っているランプの数で充電残量が分かります。

充電残量の表示があると充電のタイミングを把握できるので、LEDランタンを選ぶ上で充電残量表示があるかどうかはとても大切な指標です。


特徴

重い(960g)

シンプルな機能のLEDランタンとして960gはかなり重いです。

グローブはガラスのためランタン本体を落とすと割れてしまう可能性もあるので、使用場所には注意した方が良いでしょう。

頻繁に持ち歩くには向いていないランタンだと感じます。


取手が当たる部分の塗装ハゲが心配

barebones-railroad-lantern

デザインのバランスを保つ上で仕方がないのかもしれませんが、縦長の取手がランプの傘の部分に当たります。

使い込むと取手が当たる部分の塗装がハゲてしまうのではないかと少し不安です。

まあ塗装がハゲたらハゲたでヴィンテージ感がより出ると思うので、捉え方次第でもあります。


光量を絞ると少し「ジー」音がある

最大光量にすると静かになるのですが、光量を絞ると小さいですが「ジー」という音がします。耳を近づけてみると聞こえるという程度ですが、音に敏感な方の中にはこの音が気になる方もいるかもしれません。

ちなみに僕は気になりませんでした。


非防水なので雨が心配

LEDランタンとしては珍しいのですが、このランタンは非防水です。

雨に濡れると故障の原因になるので、アウトドアで使う場合は基本的にテントなど室内で使用するのが良いでしょう。


防災グッズとしては向いていない

容量4400mAhで1kg近い重さがあり、モバイルバッテリー機能も付いていないので、緊急用の防災グッズとしては頼りないです。

グローブはガラスですから割れる可能性もありますし、非防水なので雨の中使えないことも防災面では気になります。

デザイン性の優れたランタンとしてのシンプルな機能に特化しているため、アウトドアや日常的に使用するために最適なランタンだと思います。

同じBAREBONESでも別物

BAREBONESが販売している以下の2つの人気LEDランタンは、どちらも仕様に大きく違いがあります。

簡単な比較をしてみましたので、購入の際はデザイン性だけでなく自分に合った使い方のほうを選びましょう。

barebones-railroad-lantern

全光束:35〜200ルーメン

充電方式:USB充電

容量:4400mAh

重さ:960g

グローブ:ガラス製

全光束:35〜100ルーメン

充電方式:単三乾電池、USB充電

容量:ー

重さ:360g

グローブ:プラスチック製

もっとも大きな違いは容量の有無です。

小さい方は基本的に単三乾電池式で容量が無いのですが、大きい方は4400mAhの容量があり、USBで満充電させておくことで最大100時間連続点灯させることができます。

共通しているのは、どちらも非防水で最大光量は控えめだという点です。


まとめ

僕はインテリアとしてこの照明を購入しましたが、耐久性を求めないならこのランタンはとても良いと思います。

なんといっても、「The・ランタン」と言えるようなレトロデザインのしっかりとしたLEDランタンは、オイルランタンやガスランタンなどと比べると意外と選択肢が多くありません。

卓上照明インテリアとして、デザインが気に入った方はぜひご検討ください。

目次(もくじ)
閉じる